地方創生フェス in ヒカリエへ行ってきました。- 物産編 –

2016年2月27日(土) 13:00~15:00 渋谷ヒカリエで開催された「地方創生フェス」へ行きました。
ホール前のフロントでは、物産展が開催されていました。


2016-02-27 12.34.35

2016-02-27 12.35.09

2016-02-27 12.29.50
白水舎乳業 百白糀 ミルクの甘酒 生姜入りおいしかったです

青森のごぼう茶と、岩手のくるみのおさけ、新潟の金平糖のようなお米のおかしYucaliを購入しました。

IMG_8203

青森ごぼう茶を販売する株式会社Growthさんは、規格外のごぼうを適正な価格で仕入れるフェアトレードに取り組み、シャッター街になった商店街に加工場を設け、労働困難な方向けの就労支援などにも取り組んでいるそうです。
ごぼう茶はとても香ばしくておいしく、さらにごぼうも食べれて2度おいしい。

2016-02-27 18.47.20

岩手のくるみのおさけは、一般社団法人SAVE IWATEさんの震災被災者支援の和ぐるみプロジェクトから生まれた商品で、くるみを仕入れ働く場を提供してしてその収益を被災地支援活動に活用しているとのこと。
ほんのり甘くて、くるみの風味がおいしいおさけでした。

IMG_8204

お米のおかしYucaliは、明治33年から続く新潟市の下町にある明治屋ゆかり店さんとパクチープラスP.K.C+さんのコラボ商品が販売されており無添加で新たな味をつくったそうです。
こちらは、よもぎ味です。しょうが味、あんこ味も美味しかったです。

どの商品も味見をしたときにとてもおいしくて、ブースの方々がたのしそうに商品を解説されるのです。
ですがその背景にこのような社会的な活動があることはさほど語られずわたしはほぼ知らないまま購入しました。
販売時に不特定多数の方に対面でそれを語ることは難しいことだったりします。
価値観のような部分は個人差もあるし語らないかぎり知られることはないけれど、あつかましく説明すると引かれてしまうこともある・・・
もしくは、販売する人が商品の価値感や背景を語れないこともある。
わたしは、そういう部分も熱を持った人づてに知りたいと思うので能動的にガンガン質問したりします(笑)

いただいたフライヤーやパンフレット、Webサイトにはその商品のことのみならずその背景が丁寧に語られておりました。
商品を介して、さまざまな素敵な活動を知ることができました。
そのような商品を購入して楽しむことで、小さくてもなにかをより良くするために役立っていると思うととてもうれしいです。

その土地に暮らす人のことを想いビジョンをもって土地の素材やものづくりの過程にこだわり、その流通も開拓していくビジネスセンスをもつ人々が地域で活躍することが、地方を活性化していくのだと思いました。
美味しさを堪能するだけでなく、応援したくなるようなこと。
そういった価値も育てること。
ちいさな応援が、誰に・何に繋がるのかを知りたい人もいる。
そして、応援が継続する仕組みのような何かを模索したいです。